地方視察その2 | 千葉県大多喜町(おまけの食事編)

大多喜のジェラート山猫 地域活性化

良品計画さんが2017年より大多喜町で取り組んでいる廃校した小学校の利活用とそこを拠点とした地域の繋がりづくり。
その見学の際、「帰りに寄ったらいいよ!」と教えてもらった2つの食べ物屋さんをご紹介します。

里山のジェラテリア 山猫

1カ所目は里山に行列ができる人気店として有名なかき氷とジェラートのお店。
その名も通称「山猫ジェラート」。

オーナーさんのこだわりが隅々から伝わってくるお店で、東京出身のオーナーさんが千葉県産にこだわって厳選した果物・野菜を使ってジェラートやかき氷を作っています。

私は『ピスタチオ × 焦がしバターミルク」という絶対に外れない組み合わせのジェラートをいただきました!
次回はぜひ、君津産のイチゴ、千倉産の甘夏、山武産のゴールドラッシュ(とうもろこし)、いすみ産のトマトのバジル?といった地元産フレーバーにチャレンジしたいと思います。

賑わいを見せる「山猫ジェラート」の店舗周辺

大多喜名物 猪丼

御宿でも畑を荒らされたり、庭の芝生を掘り起こされたりと、猪被害が年々増えているように見受けられます。

大多喜町も同様の状況の中、捕獲した猪を使った食事処がありました。

せっかくなので、猪丼、猪の煮込み、猪の餃子、と色々頼んでみました。

猪丼(猪の煮込み付き)

大多喜町では人を呼び込み、楽しんでもらう具体の取組みや活動がとても活発なように思いました。

関連記事

大多喜町で良品計画さんが取り組んでいる廃校利活用についての記事はこちら

↓ポチポチッ🙏↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ

コメント

  1. […] ここの運営管理者さんは、施設の管理だけではなく、週末に行われる近所の駅の清掃活動や地元の農家さん、猟師さんのところへ自ら行って作業を手伝う等、日々、人間関係の構築と新たな企画・取組みを探しまわっていました。この山の上に建つ広い小学校で、一人黙々と地域のために挑戦する姿が素敵でした。次回、そんな運営管理者さんが紹介してくれた大多喜の食事処を紹介します。 […]

タイトルとURLをコピーしました